2013年05月27日

みかん挿し木成功

三月ごろ挿し木した温州みかんの枝から根が出ていました。
ブルーベリーを挿し木するついでに期待せず温州ミカンの枝も挿したのですが、
まさかミカンが発根するとは・・・

調べてみると温州みかんの発根率は5%以下。本当に驚きです。

DSC_0213.JPGDSC_0212.JPG




とりあえずみかんの挿し木のやり方を書いておこうと思います。

時期
三月から五月ごろ。

道具
・100円ショップのざる、容器、ふた。
(本来はキッチン用品?三つがうまく組み合わさるようになっている)
・鹿沼土
・ルートン(発根剤)
・刃物
(はさみでもできなくはないが、ある程度鋭くないと切ったところがつぶれてしまいうまくいかない)

DSC_0156.JPG

やり方
・まずミカンの枝を10cmくらいに切る。
・次に上のほうの一枚残して葉を切っていく。
 一枚が大きい場合は半分に切る。(別に適当でOK)
・枝の下側を斜めに切る。
・水につけておく。

・ざるに鹿沼土をいれ、水をたっぶりかける。
・鉛筆等の細い棒で鹿沼土に枝を挿すための穴を開ける。
(穴は斜めにあけると、土が浅くても枝がしっかり埋まる)
・みかんの枝を水からだし、ルートンをつける。
・鹿沼土にに挿す。(枝の切り口を傷つけないようにする)

・ざるを容器に入れ、ふたをする。

・その後一ヶ月放置。土が乾いていたら水はあげる。
(ふたをしていればそうそう土は乾かない)
・ざるをあげて、根が下から出ていたら植え替え。



DSC_0215.JPG
posted by なや at 18:57 | Comment(0) | 柑橘系 2013年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。